ワキガの基礎知識

ワキガの基礎知識-ワキガは遺伝?

わきが

日本人にとっては、非常に大きなコンプレックスとなり得る「ワキガ」ですが、世界的に見れば体質を持っている人の割合は比較的多いです。日本人を含め、アジア人は比較的体質保持者が少ないのですが、だからと言って「ワキガは悪」だと決めつけてしまっては社会生活を円滑に進めることができなくなってしまうこともあります。日本人には忌み嫌われるワキガ、遺伝によって移ると言われていますが本当のことなのでしょうか。

 

ワキガの原因となるのは、トップページでも書いたように「アポクリン汗腺から分泌される汗(アポクリン汗)」です。人体から発される汗と呼ばれる物質には種類があり、そのうちの一つであるアポクリン汗が皮膚にいる細菌を増殖させることで悪臭が発せられるようになります。アポクリン汗腺の数は個人差があり、汗腺の数が多い人ほどワキガになる可能性が高いのですが、このアポクリン汗腺の数が遺伝によって引き継がれると言われています。

 

ただし、これは100%医学的に証明されているわけではありません。「遺伝によって移る可能性がある」または「その可能性が高い」という段階までは言われているものの、確実に遺伝によって体質が伝播するという確証を得られているわけではありません。実際に遺伝していると考えられる親子もいれば、いずれか一方のみがワキガ体質を持っている場合もあります。

 

遺伝するかどうかを証明することはできないものの、少なくとも「遺伝する可能性がある」と言われている以上は、確実に医学的に可能性の有無がはっきりと解明されるまでは、「もしかすると」と考えていた方が賢明です。


すそわきがとは?

すそわきがとは、VIOラインから発生する臭いです。

 

すそわきがとなる原因はいくつか存在しています。その中でも最大の原因とされているものが雑菌です。陰部にはアポクリン汗腺と呼ばれる汗腺がありますが、この汗腺は脂肪酸や鉄分、尿素など、様々なものが混ざった汗を出す特徴があります。

 

この汗腺から分泌される分泌物を好む雑菌が存在し、汗などで蒸れている下着の中でこの雑菌が発生したり繁殖することにより、すそわきがの独特のにおいが生まれてしまいます。

 

そして体質からすそわきがの原因になっている可能性もあります。とくに汗をよくかく人は注意が必要です。汗をよくかく人は、当然のことながら下着の中でも汗をかいているでしょう。この状態を放置することにより、下着の中に雑菌が発生し、繁殖する原因を作ってしまいます。そして動物性脂肪を含んだ食べ物や、においの強い食べ物が好きでよく食べるという人は、この食生活がすそわきがの原因となっていることもあります。

 

すそわきがの対策としては一番大切なことは陰部を清潔に保つことです。外陰部は非常に汚れやすい場所であり、さらには洗いにくいので、どうしても垢がたまりやすくなってしまいます。陰部を十分に洗えずにいると、垢がたまり悪臭の原因となるでしょう。

 

陰部を洗う際には、外陰部を中心に優しく丁寧に洗い、垢を取り除くようにしましょう。女性の場合には膣内は、ぬるま湯で丁寧に洗うようにしましょう。ボディソープを使用して過度に洗い過ぎてしまうと。反対に陰部の状態を悪くする可能性があるので、膣内にはボディソープの使用はやめましょう。また食生活が原因だと思われる人は食生活の改善をしたり、汗をかく人はこまめに拭くようにしましょう。そして日ごろからすそわきがの原因と対策についてしっかりと考えて、意識していくと良いでしょう。

チチガとは?

乳首の臭いが気になる場合には、チチガの可能性があります。チチガの原因と対策としては、ワキガと同じように強い臭いを発するチチガはアポクリン腺が多いことにより、汗をかくことで雑菌が繁殖しやすい状態を作り出してしまうことが原因につながります。

 

親がチチガの場合には、子供も遺伝的チチガの可能性が高くなりますが、必ずしも親がチチガだからといって子供がチチガになるとは限りません。対策としては、汗をできるだけかかないようにするために下着やシャツなどに関してあまり蒸れないような素材のものを着用することもポイントの一つです。

 

汗をかき肌が蒸れることにより、肌で雑菌が繁殖しやすくなり肌荒れや体臭の原因になることがあります。できるだけ肌を蒸れさせないように対策をすることで、チチガ対策をしていきましょう。肌をできるだけ清潔に保つためにも、外出から帰宅したらすぐに汗や肌に付着した汚れをシャワーなどで洗い流すことも大切です。

 

また、食生活を改善することも重要です。偏食などをしている場合には、体に対して栄養不足になりがちです。特に体臭に影響するのは、肉類など動物性たんぱく質を多く含む食事です。そのため、極端に脂分の多い肉を中心とした食生活を続けている場合、脂質や塩分をある程度控えるように心がけ、栄養バランスのとれた食事ができるように食生活を見直し改善していくことが重要です。

 

肉類に限らず偏食を続けていると栄養不足の状態が続いてしまうため、体調不良にもなりやすい傾向があります。チチガや体臭対策としてだけでなく、自分の体の健康維持をするためにも、食生活を一度見直してみること、バランスよくさまざまな食材から栄養を取ることができるように食生活を改善していくことが重要です。

ワキガ対策には生活習慣の改善が必要

生活習慣が悪いと、あらゆる病気になります。バランスのよい食事、適度な運動、快適な睡眠が必要なことはもちろん、タバコや飲酒によっても身体に悪影響があります。体質によりますが、ワキガを起こしてしまうこともあります。

 

誰でもきついワキガの臭いをかいでしまいますと、気分が悪くなるものです。自覚をしている人ならば良いのですが、全くご自身のワキガに気付いていない人もいます。ワキガ対策、生活習慣は切っては切れない関係にあると理解すべきです。

 

ワキガは、簡単に言いますと、アポクリン汗腺と雑菌が混ざることによって生ずるものだと理解してください。汗腺ですから、汗をかくことがいけないと思いがちですが、そうではありません。運動をして健康的に汗をかく場合には、異臭はしないものです。

 

しかし、ストレスを抱え、栄養バランスに偏りがある場合に、ワキガという異臭を放ってしまうのです。汗ならば、すぐにシャワーを浴びて体表面を清潔にすれば良いと勘違いする人もいますが、体内に汚物が含有されているような状態では、汗を完全に拭い去ることはできません。

 

また、入浴時はシャワーだけではなく湯舟につかることも大切です。湯舟につかることで臭い対策だけではなく、疲労回復や夜ぐっすりと寝られるようになります。

 

ですから、ワキガを自覚している人は、規則正しい生活習慣を身に着けることが一番の対策です。脂を大量に含有している食品は食べない方が良い、刺激物などの摂取も控えるべきだと言われています。